Author Archive

為替オプション取引の注意点

為替取引を始めたばかりの人の間で、分かりやすく簡単な為替オプション取引が人気です。仕事で忙しく時間がなかなか取れない場合でも参加しやすいため、多くの人が為替オプションを取引きしていますが、デメリットも持っています。株式投資や外為FXに投資した場合、かけたお金を全額失ってしまうようなことは基本ありません。損失を抑えるために投資対象を手放せばその時点での損失を被るだけですみますし、うまく買い戻して利益を上げることも可能です。為替オプションの場合、損失を抑えるということはできず、投資したお金すべてを没収されることになります。

 

すごく分かりやすい仕組みとなっていますし、大きな損を出さないための方法も簡単です。投資する金額を少額にすればいいのです。ただし、その分利益も小さくなってしまう点にも留意しましょう。為替オプションを取り引きする場合、取り引きの開始の時点で利益と損失の最大額がはっきりと分かります。投資した額に対する配当割合であるペイアウト率が1.8倍の取り引きを例として見てみます。5,000円投資して予測が当たれば、戻り金は9,000円で4,000円の利益になります。1,000円は業者取り分です。外れた場合は投資額全額の5,000円が没収されます。このように、2回に1回予測をあてたとしても、この手数料部分のために損失が出てしまう結果になります。

 

50%より高い勝率を維持していなければ、為替オプションでは利益が出ないわけです。為替オプションの取引はリスクが限定的でかつ分かりやすいため、ついやりすぎてしまうのが問題です。為替オプション取引をやるのであれば、のめり込みを防ぐために2つのことを決めておきましょう。どれぐらいまで投資をするのかと、どれぐらいまでの損失を見込むのかということです。

 

 

 

 

 

為替オプションに向いている人

為替商品の中に為替オプション取引というものがありますが、どういった特徴を持った取り引きなのでしょうか。外国為替証拠金取引を経験した方ならおわかりかと思いますが、通常の取り引きではこまめにチャートを見て確認していなければなりません。相場の値動きを長い時間チェックするようにしなければ、取引をうまく進めることはできないためです。忙しい人の場合には、そんなことをすることは無理でしょう。一方で為替オプションの場合、チャートをこまめにチェックする必要はなく、またある程度の知識さえ持っていれば利益を期待できます。

 

また、外国為替証拠金取引では細かい作業が面倒ですが、システムに少々差があることを除けば面倒な作業も要りません。為替オプションで必要な作業は簡単です。判定時刻となった時に、為替のレートが取引きの開始の時点と比べてどう変わるかを選択するだけなのです。レートの細かな値動きなどには関係しませんので、多忙な方向けの商品であると言えます。出金する前に開始取引きを行ない、仕事から帰ってから結果を確認するというようにすれば、仕事を持っている方でも大丈夫です。

 

多忙すぎて平日の取り引きは無理という場合であっても、週末に取り引きを行なっている業者もあります。外為FXの場合、為替のレートがどう変化するかの予測はもちろんですが、ポジションの売買タイミングも大事になります。一方で為替オプション取引の場合、売買タイミングは関係ありません。外貨FXでは、売買のタイミングを間違えると、せっかくの儲けをふいにしてしまうことになりかねません。為替オプション取引は、レートの予測はできても売買タイミングをつかむのが難しいという方に向いているといえます。

 

 

 

 

 

為替オプションとは

為替オプションという言葉について耳にされたことはあるでしょうか。為替オプションは原資産が通貨であることから、カレンシーオプションと呼ばれることもあります。為替オプションは、通貨を買売する権利を売り買いする取引で、売買するための期間や期日のほか、売買する価格を予定します。為替オプションは、市場においては1980年代前半ごろから取り扱われ始めた商品です。現在では外国為替市場における重要な取り引きとなっており、市場の規模は急速に拡大していて、リスクヘッジとトレーディングに利用されています。

 

為替オプションは、通貨を買ったり売ったりする権利を売り買いする取引であるため、通貨の受け渡しはありません。直物為替や先物為替取引といった外国為替の取引は、売買した通貨現物を受け渡しする点で、為替オプションとは異なります。為替オプションは「通貨を買売する権利」ですが、この権利を行使するかどうか決めるのは権利の購入者です。

 

為替オプションを売った側には、販売によってオプション料を手にする代わりに、権利が行使された場合には実行する義務が生じます。通貨オプションについては、そのオプションが外国為替市場において満期となる日時と市場が決められています。この最終締め切り時間は、オプションのカットオフタイムと呼ばれます。このカットオフタイムの前後のタイミングで、マーケットではポジション調整が行なわれるため、為替レートが大きな動きを見せることがあります。

 

 

 

 

 

キャベツダイエットの効果について

ダイエット効果が高いだけでなく、キャベツは健康効果や美容効果が得られる食材であると言われています。キャベツはビタミンCが豊富な食材です。4枚のキャベツを摂取するだけで、一日に必要なビタミンCの補給ができます。キャベツを毎回の食事で食べることで、コラーゲンの生成が助けられます。肌の保湿作用を促し、ターンオーバーを活発にすることで、しみやそばかすが解消されます。

 

骨を頑丈にする効果があるというビタミンの一種に、ビタミンKがあります。ダイエットとの関連性が問題視されている骨粗しょう症に効果が期待できます。カリウムもキャベツには含まれており、筋肉のエネルギー代謝を助ける働きによってダイエット効率をあげる効果が期待できます。キャベツには、また、食物繊維がたっぷり摂取できる食材として知られています。キャベツから食物繊維を摂取することによって、お通じがよくなり代謝が高まります。

 

特にキャベツに含まれている不溶性食物繊維は、お腹の中にしばらく居続けるために満腹感が持続されるといったメリットもあります。胃腸の粘膜が弱っている部分には、キャベツに含まれるビタミンUが活躍します。粘膜強化の効果もあるといいます。肝臓の働きを活性化する効果や蓄積された余分な脂肪を減らす効果もあるといわれています。キャベツを利用すれば、ダイエットや美容健康に役立つ成分を手軽に摂取することが可能になります。

 

 

 

キャベツダイエットの種類について

満腹感を感じるためにキャベツだけを摂取するというキャベツダイエットは、キャベツのみ食べるダイエットです。断食の一種といってもいいのではないでしょうか。摂取カロリーを制限する目的で、キャベツを主食に置き換えるというダイエット方法があります。一回の食事で摂取するカロリー量を減らすための手段として、パンやお米の代わりに千切りや一口大のキャベツを使います。

 

レタスなどの他の葉物の野菜でも行えるダイエット方法であり、嗜好さえあえばダイエットに有効な方法といえるでしょう。キャベツを食べる際に油をたくさん使ったドレッシングや調味料を利用することは控えましょう。主菜を減らしすぎて、断食状態になってしまわないようにも気をつけましょう。キャベツを使って、食事全体のカロリーを制限するというやり方もあります。

 

キャベツが生でも加熱してもおいしく、通年手に入れることができるという点を生かした方法です。食事に積極的にキャベツを使ったメニューを使えば、低カロリーの食事をすることができるでしょう。咀嚼の回数を増やすことにより、満腹中枢を刺激することで摂取カロリー量を減らしてダイエット効果を得る方法もあります。キャベツの食物繊維の多さを利用したダイエット方法といえます。

 

 

 

キャベツダイエットのメリット

a0001_009190

 

キャベツダイエットというダイエットを実践している人たちがいます。特定の食材だけを置き換えて行うダイエット方法は、数え切れないくらいあるようです。キャベツダイエットとは文字通りキャベツを食べるダイエット方法です。ダイエットというとお腹がすいてつらいものですが、キャベツは適度な歯応えがありまし、どれだけ食べてもいいものです。キャベツは一年中、手軽に手に入りやすいなど、他の食材より秀でた点があるのもメリットです。

 

長所を活かしたダイエット方法がキャベツダイエットと呼ばれています。具体的なキャベツダイエットの方法とは、大別すると4パターンがあると言われています。キャベツを食べることで、カロリー過多にならずにお腹をいっぱいにするというやり方です。摂取カロリーを抑える目的でキャベツを主食に置き換えるというダイエット方法もあります。キャベツをヘルシー料理のメイン食材とする使い方もあります。

 

少量の食事でも満腹感を感じやすくするために、キャベツをしっかり噛んで食べることで、満腹中枢を早い段階から働かせるというものもあります。キャベツダイエットにはいくつか方法がありますが、一番実行しやすく、ダイエット効果が高いかは、人によって違ってきます。ダイエット方法にも、メリットやデメリットがあります。自分の体質やライフスタイルに適したキャベツダイエット方法を選ぶことが、ダイエット成功の第一歩になります。

 

 

 

簡単おやつパン

おやつにもなる簡単に作れるパンやパンを使ったお菓子を紹介します。
とっても手軽にできるので、お子さんと一緒に作ってみてください。

 

「ばなな蒸しパン」
<材料>
ばなな:2本 薄力粉:30g ベーキングパウダー:小さじ1
<作り方>
1.薄力粉とベーキングパウダーをスプーンでよく混ぜる
2.1にばななを加え、スプーンでつぶしながら混ぜていく
3.とろとろになったらカップに入れます。
4.レンジで4~5分加熱して出来上がり

 

「パンの耳で揚げパン」
<材料>
パンの耳:30本 油:適量 グラニュー糖:適量
<作り方>
1.160℃くらいの油でパンを揚げる
2.グラニュー糖をビニール袋に入れその中にパンの耳もいれてよく振る
3.紙コップなどに入れて完成

 

「キャラメルラスク」
<材料>
食パン:二枚 砂糖:大さじ5 バターorマーガリン:30g 牛乳:大さじ1
<作り方>
1.食パンを一口サイズに切り分ける
2.オーブンプレートに並べて230℃の余熱なしで10~13分こんがり焼く
3.焼き色が着いたら裏返して8分くらい焼く
4.食パン以外の材料をフライパンに入れ中火で軽く混ぜる
5.ふつふつしてきたら弱火にして食パンを入れ混ぜ合わせる
6.冷めたら完成

 

「ウインナーロールパン」
<材料>
ホットケーキミックス:200g 油:20g 牛乳:40cc ウインナー:7本
卵黄or卵:適量 ケチャップ:適量
<作り方>
1.油、牛乳、ホットケーキミックスを混ぜて打ち粉をしてまとめます。
2.手で細長く伸ばします。
3.オーブンを180℃に余熱
4.生地にウインナーをくるくる巻く
5.卵黄を表面に薄く塗る
6.ケチャップをかけオーブンで18分くらい焼く

 

「ピザ」
<材料>
薄力粉:140g ベーキングパウダー:2g 塩:2つまみ
オリーブオイル:20ml 牛乳:80ml お好みの具材
<作り方>
1.ボールに薄力粉、ベーキングパウダー、塩を入れ混ぜる
2.別のボールにオリーブオイルと牛乳をいれ混ぜる
3.1のボールに2を少しづつ加えきるように混ぜる
4.ひとまとめになったらよくこねる
5.2つに薄く伸ばす
6.伸ばした生地に好きな具材をのせて220℃に熱したオーブンで10~15分焼く

 

 

レンジで作れるおやつ

レンジで作れるおやつってけっこうあるんですよ。
簡単ですし、時間も短縮できるので、ぜひ作ってみましょう。

 

「りんごのコンポート」
<材料>
りんご:3個 レモン汁:大さじ3 砂糖:小さじ3 水:大さじ1 シナモン:適量
<作り方>
1.りんごは皮をむいていちょう切りにする。
2.レンジ用容器にりんご、レモン汁、砂糖、水を入れ蓋をしてレンジで6分加熱
3.余熱で2~3分そのままねかせる
4.お好みでシナモンをふりかける
このコンポートはそのままでも美味しいですし、ヨーグルトやケーキに混ぜてもいいです。
いろんなデザートのアクセントにもどうぞ♪

 

「レンジケーキ」
<材料>
薄力粉:大さじ1 調整ココア:大さじ2 ベーキングパウダー:小さじ1/2
砂糖:大さじ1 サラダ油:大さじ1 たまご:1個
<作り方>
1.レンジ使用のタッパーに薄力粉、ココア、BP、砂糖を入れしっかり蓋をして上下左右によく振って混ぜる
2.サラダ油、卵を加え泡立て器でよく混ぜる
3.蓋をのせて600w2分で加熱
生焼け箇所がないか確認して出来上がり
すぐに食べてもいいですし、一分くらいさかさまにして蒸してから食べてもおいしいです。

 

「レンジでクッキー」
<材料>
薄力粉:大さじ5 砂糖:大さじ3 ココア:大さじ1/2 サラダ油:大さじ2.5
<作り方>
1.薄力粉、砂糖、ココアをビニール袋に入れてしゃかしゃか振って混ぜる
2.サラダ油を加えビニールの上から手もみで混ぜる(牛乳もいれても良い)
3.手のひらでころころ丸めちょっとつぶす
4.クッキングシートに並べてレンジで2分
はじめやわらかいですが冷めたら固まります。

 

「杏仁豆腐」
<材料>
ゼラチン:10g 水:135cc 砂糖:35g 牛乳:300cc
生クリーム:100cc アーモンドエッセンス:小さじ1/2
<作り方>
1.ゼラチン、水、砂糖を耐熱ボールに入れ1分加熱
2.1に牛乳、生クリーム、アーモンドエッセンスを加えよく混ぜる
3.お好みの容器に入れ冷蔵庫へ
お好みでフルーツをのせて食べたりしてください。

 

 

炊飯器で簡単ケーキ

炊飯器でケーキが作れるってご存知でしたか?
炊飯器なら焼きすぎて失敗ってこともありませんし、とっても簡単です。

 

「チーズケーキ」
<材料>
クリームチーズ:200g 生クリーム:200ml 砂糖:100g 卵:3個
小麦粉:大さじ3 塩:少々
<作り方>
1.クリームチーズを湯銭やレンジでやわらかくする。
2.材料をすべて入れミキサーでよく混ぜる。ミキサーがなければ泡だて器でよく混ぜる
3.炊飯器に2を入れて通常モードでスイッチオン
4.スイッチが切れたら5~10分そのままにしてもう一度炊飯
水っぽくまだ焼きあがっていなければもう一度炊飯します。
5.完全に冷めてから取り出してください。

 

「豆腐のシフォンケーキ」
<材料>
絹ごし豆腐:150g 卵:2個 ホットケーキミックス:200g
砂糖:30g 牛乳:100ml バニラエッセンス:数滴(なくてもいい)
<作り方>
1.炊飯器のうち釜に豆腐を入れかぎまぜます。
2.卵と牛乳と砂糖を入れ混ぜます。
3.混ざったらホットケーキミックスを入れてよく混ぜます。このときバニラエッセンスを加えます。
4.炊飯器にセットして炊飯。爪楊枝を中央にさしてなにもついてこなければOK
2~3回炊飯するかもしれません。
洗物も少なく済んでいいですよね。

 

「おからココアケーキ」
<材料>
生おから:100g ホットケーキミックス:150g はちみつ:大さじ3
牛乳:100cc ココア:20g 卵:2個 サラダ油:大さじ1
<作り方>
1.卵は卵白と卵黄にわけておく
2.卵白は角がたつまで泡立てる。黄身は他の材料とよく混ぜる。
3.黄身のボールによく泡立てた卵白を加えてさっくり混ぜる
4.炊飯器に入れて炊飯 20分くらいで様子をみてください
オーブンなら180℃で30分
ダイエットにおすすめケーキです。

 

 

簡単和菓子

和菓子って手作りするイメージがあまりないかもしれませんが、意外と簡単に作れます。
大人にももちろん、子ども達にも喜ばれます。

 

「大福」
<材料>
白玉粉:100g 砂糖:大さじ2 水:150cc あんこ:適量 片栗粉:適量
<作り方>
1.スチームケースや耐熱皿に白玉粉と水、砂糖を加え、スプーンでよく混ぜる
2.フタをし(耐熱皿の場合はラップする)レンジ500Wで1分加熱
3.フタを開け、固まってきた外側をつぶすように混ぜ込みます。
4.フタをして更に1分加熱
5.フタをあけ、スプーンなどでよくねり、更に30秒加熱したら大福の生地完成
6.片栗粉をまぶして6等分にまるめあんこを包む
中身はイチゴを入れてイチゴ大福にしたり 生チョコを入れたりしても美味しいです。

 

「おはぎ」
<材料>
ご飯:50g こしあん:適量 きな粉(うぐいす、黒ゴマなど):適量
<作り方>
1.一個分のご飯をサランラップにくるみ、ご飯粒が少し残るくらいに手でつぶします。
2.つぶしたご飯であんこを包んで丸くします。
3.きな粉をまぶして食べましょう
炊き立てのご飯を使うときはつぶしたあと冷ましてから作りましょう。

 

「柏餅」
<材料>
上新粉:250g 水:350cc あんこ:100g 柏の葉:10枚
<作り方>
1.耐熱ボールに上新粉と水をいれ、よく混ぜ、ラップしてレンジで5分半
2.1をラップの上にとり、四方からラップを使って10分くらいよくこねる。熱いので気をつけてください。
3.ジップロックなどの袋に入れ、水のはったボールにいれ冷ます
4.餡を丸めておく
5.3を10等分にして丸め、楕円形に伸ばし餡を乗せ閉じる。合わせ目はしっかりつけましょう。
6.耐熱皿に濡れ布巾を敷いて5を並べるラップして2~3分加熱。
7.冷めてから柏の葉で包む

 

「どらやき」
<材料>
卵:2個 砂糖:40g はちみつ:大さじ2 薄力粉:100g 水:大さじ4
粒餡:適量 ベーキングパウダー:小さじ1
<作り方>
1.ボールに卵と砂糖を混ぜ合わせ蜂蜜も加え生地がもったりするまで泡立てる
2.1に薄力粉とベーキングパウダーを振るいいれ、よく混ぜ合わせたら水半分を入れ混ぜ10分ねかせる
3.ねかせた生地に残りの水を加え混ぜてとろっとさせる
4.フライパンを弱火にかけて、生地をおたまで流しいれる
5.表面がふつふつとしてきたらひっくりかえして裏面も焼く
6.焼きあがった生地をまな板の上に置き濡れ布巾をかけて冷まします。
7.生地に粒餡をぬり、はさんで出来上がり
焼くときにひっくり返したら蓋をして焼くとふっくらします。