為替オプションとは

為替オプションという言葉について耳にされたことはあるでしょうか。為替オプションは原資産が通貨であることから、カレンシーオプションと呼ばれることもあります。為替オプションは、通貨を買売する権利を売り買いする取引で、売買するための期間や期日のほか、売買する価格を予定します。為替オプションは、市場においては1980年代前半ごろから取り扱われ始めた商品です。現在では外国為替市場における重要な取り引きとなっており、市場の規模は急速に拡大していて、リスクヘッジとトレーディングに利用されています。

 

為替オプションは、通貨を買ったり売ったりする権利を売り買いする取引であるため、通貨の受け渡しはありません。直物為替や先物為替取引といった外国為替の取引は、売買した通貨現物を受け渡しする点で、為替オプションとは異なります。為替オプションは「通貨を買売する権利」ですが、この権利を行使するかどうか決めるのは権利の購入者です。

 

為替オプションを売った側には、販売によってオプション料を手にする代わりに、権利が行使された場合には実行する義務が生じます。通貨オプションについては、そのオプションが外国為替市場において満期となる日時と市場が決められています。この最終締め切り時間は、オプションのカットオフタイムと呼ばれます。このカットオフタイムの前後のタイミングで、マーケットではポジション調整が行なわれるため、為替レートが大きな動きを見せることがあります。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。