為替オプション取引の注意点

為替取引を始めたばかりの人の間で、分かりやすく簡単な為替オプション取引が人気です。仕事で忙しく時間がなかなか取れない場合でも参加しやすいため、多くの人が為替オプションを取引きしていますが、デメリットも持っています。株式投資や外為FXに投資した場合、かけたお金を全額失ってしまうようなことは基本ありません。損失を抑えるために投資対象を手放せばその時点での損失を被るだけですみますし、うまく買い戻して利益を上げることも可能です。為替オプションの場合、損失を抑えるということはできず、投資したお金すべてを没収されることになります。

 

すごく分かりやすい仕組みとなっていますし、大きな損を出さないための方法も簡単です。投資する金額を少額にすればいいのです。ただし、その分利益も小さくなってしまう点にも留意しましょう。為替オプションを取り引きする場合、取り引きの開始の時点で利益と損失の最大額がはっきりと分かります。投資した額に対する配当割合であるペイアウト率が1.8倍の取り引きを例として見てみます。5,000円投資して予測が当たれば、戻り金は9,000円で4,000円の利益になります。1,000円は業者取り分です。外れた場合は投資額全額の5,000円が没収されます。このように、2回に1回予測をあてたとしても、この手数料部分のために損失が出てしまう結果になります。

 

50%より高い勝率を維持していなければ、為替オプションでは利益が出ないわけです。為替オプションの取引はリスクが限定的でかつ分かりやすいため、ついやりすぎてしまうのが問題です。為替オプション取引をやるのであれば、のめり込みを防ぐために2つのことを決めておきましょう。どれぐらいまで投資をするのかと、どれぐらいまでの損失を見込むのかということです。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。